• ルーツ探訪 Vol.01
ルーツ探訪 Vol.01時代を超えて社会に尽くす、
京都薬用植物園

京都市左京区・比叡山を望む土地で、絶滅危惧種など重要な植物の保全や薬草の研究、栽培技術の継承に携わる植物園。
未来に向けて、植物や地域の文化を次の世代に繋ぐ、同園の取り組みを紹介します。

ナビゲーターロバート キャンベル日本文学研究者 早稲田大学特命教授。日本文学、芸術、メディアなど、国内外の幅広い分野に精通。

ナビゲーターロバート キャンベル

日本文学研究者 早稲田大学特命教授。日本文学、芸術、メディアなど、国内外の幅広い分野に精通。

世界の薬用植物の収集保全

薬用植物を中心に古今東西約3,200種に及ぶ植物を収集・保全し、魅力を発信する、京都薬用植物園の活動をご紹介します。

Play

トリビア

京都薬用植物園はなぜ生まれた?

京都薬用植物園はなぜ生まれた?

第一次世界大戦時の医薬品不足により国産化が急がれ、薬用植物の基礎研究の場として、1933年に「京都武田薬草園」として創設されました。

武田家・家紋の植物は?

武田家・家紋の植物は?

創業家である武田家の家紋には、葉の形が矢じりに似た薬草であるオモダカ(家紋名:抱き沢瀉(だきおもだか))が描かれています。

種を守り、
地域の歴史と文化を守る

絶滅危惧種など希少な植物の種を守り、京都市など地域の歴史と文化まで守る、京都薬用植物園の活動をご紹介します。

Play

トリビア

京都の文化・祭りを支える

京都の文化・祭りを支える

八坂神社の「をけら詣り」で有名なオケラは京都府の絶滅危惧種で、植物園では五條天神宮の節分祭に利用されるオケラを保全・奉納。祇園祭に欠かせないチマキザサの保全も行っています。

京都の絶滅危惧種 陰性植物

京都の絶滅危惧種 陰性植物

現在、京都府だけで約1,000種ほどの絶滅危惧種があります。その中でも日陰を好む陰生植物の保全に力を入れ、地域貢献活動を行っています。

特別対談①

様々なパートナーと連携し、世界の植物を守り次世代に継承する京都薬用植物園の活動を、
ロバート キャンベルさんと野崎園長の対談でご紹介します。

トリビア

小石川植物園とのパートナーシップとは?

小石川植物園とのパートナーシップとは?

多様な植物を栽培管理してきた技術が認められ、東京大学・小石川植物園から依頼を受けて、小笠原諸島の絶滅危惧種の保全を行っています。

世界的環境保全活動 30by30

世界的環境保全活動 30by30

30by30とは、2030年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として、効果的に保全する目標のこと。国内では環境省を含めた産民官17団体を発起人とする、30by30アライアンスに参加しています。

特別対談②

京都の自治体から海外の大学まで、幅広い保全活動を行い社会に貢献する京都薬用植物園の活動を、
ロバート キャンベルさんと野崎園長の対談でご紹介します。

トリビア

京都市と共に生物多様性保全へ

京都市と共に生物多様性保全へ

京都市と生物多様性保全に関する連携協定を締結しており、各種イベントやセミナーの開催など、様々な活動を行なっています。

もっと知りたい京都薬用植物園

PROFILE

ロバートキャンベル

ロバート
キャンベル

日本文学研究者 早稲田大学特命教授。
日本文学、芸術、メディアなど、国内外の幅広い分野に精通。
野崎香樹

京都薬用植物園
園長
野崎香樹

博士(農学)。2022年4月に園長に就任。 園の統括および薬用植物の栽培研究を担当。
酒井悠太

京都薬用植物園
中央標本園担当
酒井悠太

日本薬局方に収載されている基原植物を中心に栽培・展示。教育プログラムも担当。
安藤匡哉

京都薬用植物園
香辛料園・民間薬園担当
安藤匡哉

博士(農学)。担当エリアの植栽管理を行う。薬用植物の種子発芽に関する研究も試験中。
尾崎法子

京都薬用植物園
漢方処方園担当
尾崎法子

薬剤師、漢方生薬ソムリエ。担当エリアの管理を行う。
尾崎法子

京都薬用植物園
ツバキ園担当
小島正明

担当エリアの管理・研究を行う。植物園シンポジウム等で、ツバキ品種群の紹介や講演も実施。
坪田勝次

京都薬用植物園
温室(小笠原プロジェクト
ほか)
担当
坪田勝次

小笠原諸島や京都府など、数多くのコラボレーション企画・研究を行う。世界最大の花”ショクダイオオコンニャク”の栽培担当で、国内4例目の連続開花を成功させた。
太田己翔

京都薬用植物園
樹木園担当
太田己翔

主に種の保存に関する地域貢献プロジェクトを担当。博物館などでの講演も行う。

※所属は撮影当時のものです

LOADING