• 【特集】iPS細胞を活かす、創薬革新の担い手たち

タケダ京都大学「T-CiRA」

特集iPS細胞を活かす、
創薬革新の担い手たち

iPS細胞技術を活用した革新的な治療法の開発を目指す、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)とタケダの共同研究プログラム、T-CiRA。アカデミアとタケダの研究員が協力して進める研究内容や働く環境、協働のメリットなど、T-CiRAで働くスタッフを通してその魅力をお伝えします。

筋ジストロフィーに対するゲノム編集治療法の研究・開発を行う穂積裕幸さんに、T-CiRAの研究やビジョンについて話を聞きました。

プロジェクトマネジメント業務をリードし、成果をタケダ内外へ発信するコミュニケーション業務も担当する松田香絵さんに、T-CiRAの研究を支えるマネジメントや将来へのビジョンについて聞きました。

iPS細胞技術で作製した免疫細胞を利用して、新しいがん免疫療法の開発プロジェクトを担う有馬寿来留さんと入口翔一さんに、T-CiRAでの研究やビジョンについて話を伺いました。

LOADING